弁護士 赤田光晴(愛知県弁護士会)トップ >> >> 覚せい剤について

覚せい剤について

乳児に覚せい剤を投与して,乳児を死に至らしめたというニュース記事を読みました。

私は,弁護士になった後,ほぼ毎年少なくとも1件は,覚せい剤を利用して逮捕される人の弁護をしています。

覚せい剤を利用した方の中には,出来心で利用された方から常習犯になられている方など,様々な方の弁護をしましたが,その弁護の中で,「覚せい剤を保管中に,子供が誤って食べてしまったらどうするのか」等と質問することもありました。

(検察官が,同じ様な質問を被告人にしていたこともあります)

覚せい剤という薬物が,極めて危険な薬物で,子供の体内に入ると大変な事態を引き起こすことが予見されるからこそ,弁護士も検察官も上記のような質問をするのです。

今回,どのような経緯で乳児に投与されたのかが分からないので,何罪が成立するのかなどというコメントは控えますが,罪もない子供が覚せい剤で命を無くすということは二度と発生して欲しくないと心底思いました。